ペットを飼うときには、動物の知識を身につけておこう

最新の医療技術を知り身体の安全を守る

ピックアップ

犬についての考え方

犬を飼うという時には、妊娠についても考えておかなければなりません。犬の妊娠や避妊治療については、賛否両論あります。自分がどの立場なのかをしっかりと把握しておきましょう。ここでは避妊手術について紹介していきます。

ペットブームについて

色々なペットがいる中で、ペット用品の種類も豊富になってきています。そのため、珍しい種類のペットにも適した内容の物があります。ここでは、犬のシャンプーなどを紹介しています。

人気の秘密について

日本では小型犬がとても人気の犬種になっています。中でも人気なのはトイプードルという犬種です。ここでは、トイプードルがなぜ人気になっているのか、しつけや性格についてなど紹介していきます。

犬の妊娠や避妊

オーダーメイドで作る犬の車椅子業者がこちらです!既成品がどうしても体に合わないというワンちゃんには便利ですよ!

自宅に居ながら犬のしつけをすることが可能です!一日もすれば忠実な愛犬に生まれ変わるのでオススメできます。

犬と共に共存する事への取り組み。

犬の避妊手術に関して、賛美両論あるだろう。 反対派の意見としては、 飼い犬の自然の摂理を飼い主が手術によってコントロールしたくないといったものが多い。 だが今1度、現在の私たちと犬の関わり方を考えてみてほしい。昔のように犬が道端に普通にいて、今の猫達のように自由に存在している訳ではないことを。 野良犬がいなくなったのは、狂犬病の発生を抑える事が理由だ。なので昔は段ボールに入れられ平気で捨てられていた子犬を見かけることはない。 だが、見かけないからと言って子犬日々生まれている。全部が幸せに飼育されるのならいいが、飼育に困り最終的に保健所などへ持っていく人は後を絶たない。そう言った可哀想な犬達を増やさない事が避妊手術の第一目的であり、現在ではペットの病気を事前に予防するためのものとして定着している。

避妊手術は命を救う為のものでもある。

では避妊手術をするとどんなメリットがあるか。 可哀想な子犬を増やさない事の他に、メスに多い子宮蓄膿症や乳腺ガンの予防が出来るのである。 以前は卵巣だけを摘出する避妊手術が主流であったが、それでは病気を予防しきれない事から、今では子宮と卵巣の両方を摘出する手術が行われている。 手術をする時期も、今は生後5カ月〜6ヶ月、または1年までにするのが普通であり、遅くとも2歳半までに避妊手術を行う事が病気予防において良いとされている。また術後入院をさせる病院は少なく、日帰り手術が普通になっているようだ。 こうした避妊手術を行う事で、メス特有の病気の発生確率を低く抑える事が出来、しいては長生きに繋がるのである。避妊手術は決して不必要なものではない。 病気になってから必要であったと悔やむ飼い主が増えている事から、ペットを長く健康に生かしてやるには必要不可欠なものなのである。

犬は手作りご飯が栄養豊富なので、こちらからレシピを確認して毎日の生活に活用していきましょう。目的に合わせて作ることもできます。

オススメリンク

Copyright© 2015 ペットを飼うときには、動物の知識を身につけておこうAll Rights Reserved.